認印が必要なケースは

印鑑の中でも比較的重要度の低い印鑑が「認印」になります。この認印は実印よりも強制力がすくなく、書類の内容などをチェックした証として使用される事の多い印鑑になります。認印ができる事はあくまで書類に目を通したというチェックだけになりますので実印のように個人を証明する効果は期待できません。

認印が多く使用されているのは会社内での書類のチェックであったり、宅配便の荷物の受け取りや回覧板など自分が確かにチェックした時や荷物を受け取ったという意味合いで使用される事が多くなっております。

最近の認印はシャチハタというインクを内蔵した朱肉が必要としない印鑑が多く、非常に使いやすくリーズナブルなので多く利用される事の多い印鑑です。また、認印に関しては実印程の重要性がありませんので、例えば道端に落としてしまったり、使用していて破損したような場合でも、すぐに新しい認印を購入すれば使用する事ができます。

実印などの場合には、本人を証明する事のできるとても強制力の強い印鑑になっておりますので、仮に実印を落としてしまったり、破損してしまい買い替えるような事があった場合には、印鑑登録などの少々面倒な手続きが必要になってきます。取り扱い方もそこまで気を使わないのが認印という事になります。