実印を購入するには

認印などは100円ショップなどでも購入する事ができますが、非常に重要度の高い実印に関しては、長く愛用する必要がありますのでしっかりとした物を購入する必要があります。実印は材質はもちろんの事、字体や大きさなども様々ですので本当に悩んでしまいます。

実印で人気があるのが手彫りの印鑑です。機械で彫る印鑑もありますが、この世で唯一無二の物として存在し、偽造しにくいといった観点から考えると手彫りで制作してもらった印鑑を購入するのがおすすめです。印鑑屋さんでしたら、実際に目の前で彫ってもらう事のできるお店も多く、素材選びから字体などの相談なども気軽にのってくれますので初めての方の場合には、人気の印鑑屋さんでの購入がおすすめです。

また、最近ではインターネット上にも腕の良い職人さんが作ってくれる印鑑屋さんがあります。メールなどで相談し、字体であったり素材などを依頼する事によって、完成したら届けてもらう事ができます。お忙しい方でもこだわりを持って購入する事が出来ますので通販サイトで印鑑を購入するのもおすすめです。

実印は印鑑登録をしたらその印鑑が実印になります。その為、100円ショップで購入した印鑑であっても印鑑登録をしてしまえば実印になります。しかし、悪用される危険性を考えたらしっかりとした所で購入するのがおすすめだと言えます。

認印が必要なケースは

印鑑の中でも比較的重要度の低い印鑑が「認印」になります。この認印は実印よりも強制力がすくなく、書類の内容などをチェックした証として使用される事の多い印鑑になります。認印ができる事はあくまで書類に目を通したというチェックだけになりますので実印のように個人を証明する効果は期待できません。

認印が多く使用されているのは会社内での書類のチェックであったり、宅配便の荷物の受け取りや回覧板など自分が確かにチェックした時や荷物を受け取ったという意味合いで使用される事が多くなっております。

最近の認印はシャチハタというインクを内蔵した朱肉が必要としない印鑑が多く、非常に使いやすくリーズナブルなので多く利用される事の多い印鑑です。また、認印に関しては実印程の重要性がありませんので、例えば道端に落としてしまったり、使用していて破損したような場合でも、すぐに新しい認印を購入すれば使用する事ができます。

実印などの場合には、本人を証明する事のできるとても強制力の強い印鑑になっておりますので、仮に実印を落としてしまったり、破損してしまい買い替えるような事があった場合には、印鑑登録などの少々面倒な手続きが必要になってきます。取り扱い方もそこまで気を使わないのが認印という事になります。

実印が必要になるのは

印鑑の中でも最も信頼度が高く、とても重要な物は「実印」になります。そのため、重要な契約などの際には必ず必要となりますので、まだ自分の実印をお持ちでないという方は、必ず製作するようにしてください。

実印がどういった場面で必要になるのかをわからない方のために簡単にご紹介すると、主にお金、特に大金が絡んでくる契約の際に必用になります。例えばマンションなどの物件を購入する時に、そのマンションの所有者を自分に変更する際に必用になる移転登記であったり、中古車をお店から購入するのではなく、個人売買をするときなどの名義変更などの時には必要になります。

また、役場で公正証書を作成するときであったり、賃借証書や契約書の作成、生命保険や自動車保険に代表される保険の加入であったり、遺産を相続する時などにも必要になります。

また、実印が必要になるケースの大半が、印鑑証明書が必要になる場合がありますので、事前に印鑑証明書が必要になるのかをしっかりと確認しておく事が重要になります。印鑑証明書は印鑑登録が必要になり、印鑑証明書さえあれば、書類に印鑑を押した人が間違いなく本人である事を証明してもらえるようになりますので重要な契約時には必要になってきます。

印鑑は意外な時に必用

印鑑は昔からある本人を証明したり、確かに納得した事を表すためにサインよりも重要な事柄で使用する大事な物です。マンションや一軒家などの家屋の購入であったり、売却などはもちろんの事、住宅ローンを組む時であったり、抵当権を設定するような場合、マンションや一軒家だけでなく土地を売買する場合であったり、賃貸マンションやアパートなどの賃貸物件を利用する時などにも必要になってきます。

基本的に印鑑は、多額のお金を取引する際に多く必要となるため、主に不動産を売買したり、賃貸したりする時に使用されるケースが多くなっております。また、結婚する際に必用な婚姻届や離婚届などにも必要になるなど、人生の節目節目などにも必要となってきます。

また、印鑑には色々な種類があり、実印や銀行印、認印など用途に合わせて使い分けるのが一般的となっております。多額の金銭のやり取りが必要になるような場合には、信用度の高い印鑑が必要になりますし、逆に宅急便などの荷物を受け取った事を証明するような場合には、信用度の低い印鑑でも十分になっております。

印鑑は色々な所で購入する事ができます。最近では、インターネット上にあるネットショップであったり、100円ショップや文房具店などはんこ屋さん以外でも購入することができるお店が増えてきました。そこでこちらのページでは、これから初めて自分の印鑑を制作しようと考えている方の為、ここだけはおさえておいて欲しいというポイントをまとめましたので、ぜひ参考になさってください。